ブランド:NIXONbrbNIXON 5130 CHRONO/b atmos select 腕時計 通販
NIXON 51-30 CHRONO

ブランド:NIXON NIXON 51-30 CHRONO
横須賀という、袋小路とも言える三浦半島の多くを占める地域。
2日とも横須賀でのイベントでした。
いずれも車両展示でしたが、

これを聞いて、あることを思い出しました。
電車のファン(いわゆる鉄ちゃん)が、年齢問わず幅広い(子どもも含めて)のは、
毎日そこらへんを走ってるから。
目につかなきゃ、憧れようもない。

ホントですよね。
知らなきゃ、良いも悪いもわかる訳がない。
そもそも情報の中に『無い』んですから。

11月7日(土)毎年恒例になった、赤レンガ倉庫前広場での
ブランド:IENAbrbAILE C/N ブロックス Vネック コート/b

今年も150台近い車両が、洋の東西を問わず集まります。
グレイスは、後援という立場でお手伝いしています。
その会場で…
女房殿と他数名で、ある企画を進めています。

ブランド:KENZObrbEye Allover Tee/b

基本的に主役は子どもたちですが、当日紙と鉛筆を用意しておいて
絵を描いてもらおうという企画です。
澄んだ子どもたちの目で、鋭い感性で、時間を越えて目の前にある車が
どう捉えられるか、密かに楽しみにしているんです。

お子さんやお孫さん、お知り合いなど…是非ともお誘い合わせの上
錦秋の赤レンガへお出かけ下さい。
大人も子どもも、男性も女性もなく、楽しめると思います。
誰しもキレイなもの、ステキなものは好きでしょう。
デザインや機能美が息づく、現役の洒落た道具たち。
オーナーの暮らしをより一層豊かにする、相棒たち。

ブランド:FREAKS STOREbrborSlow/オアスロウ60’S DENIM JACKETBOY FRIEND FIT/b
CHRONO 通販 時計 NIXON 5130 ブランド:NIXON b br 腕時計 /b NA083245700

ブランド:ANAYIbrb追加ソフトジョーゼット衿パールブラウス/b
ブランド:NIXON 通販 5130 br /b NIXON 腕時計 atmos select NA083245700 CHRONO 時計 b



【2014年12月22日(月)】箱根


男性は「こんにちは」と言ってくれたが、女性にはガンを付けられた上に無視された。

しばらくは平和な道なのだが、スズタケが激しい場所もあった。


すぐ隣の「旅物語館」という観光施設の横から湖と富士山が見えそうだったので行ってみる。


とにかく、空腹を満たすだけと割り切って、完食。さっさと辞す。
この方は明治28年に24歳で来日したドイツ人。箱根をこよなく愛し、「赤門」と呼ばれるようになる別荘を芦ノ湖畔に初めて建てた。40年の滞在中、内外の多くの人々に箱根の魅力を伝え続けた人らしい。
そして箱根駅伝ミュージアム。寄って行きたいが今日はパス。
というわけで、右折し、いったん国道を離れる。
この先に駒形神社がある。ここは箱根神社の社外の末社だ。

ここには箱根で最も古い万治元年(1658年)の庚申塔や多くの巡礼供養塔があるという。


このあたりは釣りの指定地なのか、ボートがたくさん。

対岸には箱根神社の赤い鳥居が遠望できた。


最高点らしき場所には山名板はなく、ウォークラリーの質問があった。
森のふれあい館、駐車場を経て国道へ出る。
目立つ建物は、小田急山のホテル。目の前を遊覧船が過ぎる。
峠のすぐ手前から芦ノ湖スカイラインに入る。

地形図に歩道の表記はなく、登山地図にはスカイラインのすぐ手前から入るように書いてある。
500mほど歩くと、峠から防火帯のようにスズタケが伐採されている稜線に交差し、そこでようやく車道を外れることができた。

芦ノ湖カントリークラブと遠くに天城山(1406m)。


海ノ平(942m)頂上の手前に「海平」の標識があった。

その上に乗ると、はるか南に利島と新島が見えた。その右手前は伊豆の大室山(580m)。
この先は正面に富士山を見ながら歩く、見晴らしのいい稜線の道。右のピークは山伏峠(1035m)。
ここから標高差で150 ブランド:BLUE LABEL CRESTBRIDGEbrbブライトタッサーAラインコート/b
通販 br 腕時計 atmos select CHRONO b 時計 5130 /b NIXON ブランド:NIXON くてはならない。
ここには草花は咲いていないし(たぶん夏も)、樹木と言ったらスズタケだけなので、むしろ採ってほしいくらいでは?
ハイカーは道路の反対側にある、このレストハウスには行ってはいけないというのか。
差別ではないか。むしろ、横断歩道を作って、車の方に「歩行者に注意」と促すべきだろう。
ソフトクリームを食べる気はないが、当然、横断して、駿河湾や伊豆半島の眺望を楽しむ。
ハイカーが利用を許されているのは、再び横断した場所にある、このレストハウスレイクビューのみだ。
[email protected]@!