時は完全にスマホ時代。

ガラケーでポチポチやっている人はあんまり見かけなくなりました(ガラケーの人ごめんなさい)

やはりiPhoneの登場が今日までの普及に大きく貢献しているのではないでしょうか。

そんな僕のiPhoneデビューは意外と早く、出たばかりのiPhone3Gからで、そのままiPhone4、iPhone5、iPhone6と順調にiPhoner(アイフォナー)の道を歩んでいます。

そんな3Gの時代から全てのiPhoneで愛用してきたのがOtter Box defender(オッターボックスディフェンダー)です。

Otter Boxとは?

主にスマートフォンやタブレット端末のケースなどを作っているアメリカの企業。

最近では雑貨屋さんなどでも見かける事もありますが、僕が初めて買った2010年当時はほぼネットでしか手に入りませんでした。

また、外国の製品な為、値段の変動も激しいですが、最初の時より値段は下がってきている感じがします。

今まで愛用してきたOtter Box

左からiPhone3G、iPhone5、iPhone6s/6用。(iPhone4用は父にあげてしまったので写真なし)

僕はとにかく『タフ』とか『多機能』とかついているモノに弱い。

初めてiPhone3Gを手に入れたとき、iPhone用のタフなケースはないものかとネットで探した所、コレがヒットし、いざ付けてみると『デカ!!』

そもそも最初はiPhone3G自体が分厚いですから厚みが出ちゃうんですね。