ブランド:Folli FolliebrbCHECKMATE スイスメイド セラミックウォッチ/b 腕時計 WF15B011BS 時計
CHECKMATE スイスメイド セラミックウォッチ

ブランド:Folli Follie CHECKMATE スイスメイド セラミックウォッチ

前から気になっていた、EDWINの防風・防寒ジーンズ「WILD FIRE」を買ってみた
普通のジーンズだと冬場寒いのと、普通のジーンズで冬場にバイクに乗るのは厳しいので…

「WILD FIRE」は3層構造になっていて、真ん中に防寒・防風の為のフィルムが入っている
肌に触れる裏地は起毛素材で肌触りが良く暖かい

買ってから気が付いたけど、ちゃんと透湿性のジーンズだったのね
風を防いで蒸れないなら、もう最強なんじゃないかと

実際「WILD FIRE」を履いてバイクに乗って走ってみた
まだ11月なのでそこまでは寒くないけど、走りに行った宮ヶ瀬の道路脇にある温度計は6度
バイクはセロー250、普通のオフ車なので走っていれば風が足に直撃する

自宅から40分くらい走って宮ヶ瀬まで行ったけど、風はしっかり防いでると思うけど冷気は感じて膝がちょっと冷たくなった
普通のジーンズと比べれば凄いけど、さすがに「WILD FIRE」だけで完璧とはならないらしい

バイク乗りのブログ見てると、真冬だと「WILD FIRE」だけではちょっと厳しいらしく、タイツとかインナーを履くと良いらしい
タイツだとモンベルの「ジオライン」が評判が良い
ユニクロで有名な「ヒートテック」も悪くないけど速乾性が悪くて、ちょっと散策などして汗をかいた後に汗が乾かず冷却効果で体温が奪われる
その点「ジオライン」は速乾性が良くて問題ない。ただし値段はちょい高目

以前ユニクロの防風ジーンズも買ったことがあるけど
表地のジーンズ生地の質が微妙でボロくなってしまった
最近ユニクロのジーンズ値段上がってて案外高いので、安売りしてた「WILD FIRE」を今回は購入してみた

EDWINはセール時期を狙えば、通常の503なら5000円ちょい、WILD FIREなら6000円くらいで買えるのでユニクロ買うよりは良いかなと
ただセールは頻繁にやっておらず、1年に1~2回程度? なので狙って買うのは難しい気がする

普段は冬用のライジャケ・ライパンで走るので、真冬でも体は寒くない(手と足は別問題)けど
買い物や街中に行く時に普段着にライジャケ羽織るときなどもあるので、ちょっと走る程度なら「WILD FIRE」履いてれば問題なさそう

ブランド:OrobiancobrbOrobiancoオロビアンコORAKLASSICALADIESオラクラシカTiCTACオンライン別注モデル100本限定/b

ブランド:allurevillebrbレザークルーネック/b
時計 br WF15B011BS b Folli Follie ブランド:Folli スイスメイド 通販 Follie CHECKMATE /b セラミックウォッチ

ブランド:glambbrbACE coverall/b

ブランド:HAMILTONbrbHAMILTONハミルトンジャズマスターシンライン/b

1.北ドイツ同盟の崩壊

序盤で プロヴィンスを四つ 弱小の諸侯相手なら外交併合できる条件が整ってきた ので、周辺国との関係修復に走る
メクレンブルク、ザクセンと婚姻 し、1448年にポーランドが北ドイツ同盟に宣戦したときもスルー。 将来的には北ドイツの小邦を平和裏に吸収したい のだ
1449年に 陸軍主義のスライダーを最大 にまで上げた ので、 次の国策変更は安定度に直接影響しない 中央集権 を意識

ランダムイベント「救済の陳情」 に関しても、強く 「受け入れる」 を選択。 安定度マイナス4 というデメリットは、中小国だから引き受けられる選択 だ。これで10年で一度しか動かせない内政スライダーが振れるならたいしたものだ
大国は「拒否」せざる得ないイベントなので、普段からお金を余しておくべきだろう

さて、 ポーランド・リトアニア対北ドイツ同盟の戦い だが、戦況はポー側に傾いてきた。下手すれば、ポメラニアやプロイセンを占領する勢いだ
後々、ブランデンブルクの中核州になることを考えると、強国に取られるのはマズイのだが
といって、大国を敵に回すわけにはいかないので、 再びポーの同盟に入って北ドイツ同盟の領土を頂く ことにした
目標はハノーファーと本領を支配する ブレーメン はっきり言って火事場泥棒です

1450年1月の宣戦以来、ブレーメン領の攻略は順調に進んだが、北ドイツ同盟の踏ん張りは凄かった
ポメラニアの部隊がマグデブルグ に、 ホルシュタインの部隊がブランデンブルク首都のベルリン に侵攻し、 あろうことか ベルリンは陥落 してしまったのだ/(^o^)\
1451年10月には、ポメラニアに25Gの賠償で講和するも、おかげで 1452年1月付けで 銀行の借款 を受けてしまった。小国でこれは痛い
それでも落ち着いて、 1452年1月にブレーメン首都を落として、 ハノーファー の割譲と ブレーメンの属国化 を実現
同年5月にはベルリンを占領したホルシュタインに50G渡して講和し、メクレンブルクとも単独講和して戦争を終結させた

最新コメント
[email protected]@!