体臭がクサイと人から言われて初めて気にし始める方もいれば、日ごろから自分に体臭が気になり周りに迷惑をかけていないかと不安に思う方がいらっしゃるのではないでしょうか。通勤時の満員電車の中、締め切られたエレベーターの中、通学時のバスの中など、人と人が密集して他人との距離が近い場面では、特に体臭が気になりますよね。

体臭は、強さに個人差がありますが、誰にでもあるものなのです。しかし、アンモニアのような鼻をつく臭いが体から感じられる場合は、やはり気になるものです。では、なぜアンモニアの臭いを感じるのでしょうか。

実は体からアンモニアの臭いを発生する原因は2つあります。ひとつは、体から出る汗を常在菌が分解する際にアンモニアの臭いを発生させることです。 自分から体臭にアンモニアの臭いを感じる場合、最も可能性が高い原因が、この汗と常在菌により発生する体臭が考えられます。

もうひとつは、汗とは無関係な原因で発生する体臭です。これは、腸肝循環の機能低下により血中に溶け込んだアンモニアが毛穴から排出したり、肺から呼気により排出したりすることが考えられるのです。ここでは、アンモニアが体臭として発生する2つの原因と、その対策についてご説明していきます。まず、それぞれの原因について確認してみましょう。

1. 汗などを常在菌が分解する際に発生するアンモニア臭

1-1.汗を原料としてアンモニア臭が発生する原因

皮膚には悪い菌からの感染を守ってくれる常在菌が常に付着しています。汗は、分泌されたばかりのときは、ほぼ無臭なのですが、時間が経過すると常在菌が皮脂や汗を栄養として繁殖をはじめます。この繁殖をした際に老廃物として臭い物質を発するようになるのです。

体や衣類を不衛生にしておくと、汚れや汗を栄養としてより菌が繁殖し、ますます強い不快な臭いを発生させてしまいます。この不快な臭いの中にアンモニアなどの臭い成分が含まれているのです。

最終的に衣類に一定量以上の臭い物質が蓄積されると臭い物質は飽和状態となり、衣類から臭い物質があふれて飛び出していきます。この飛び出した臭い物質が他人の鼻まで飛んでいくと”クサイ(体臭)”と感じられてしまうのです。

人気の記事